メインイメージ

必要な印紙を省く

株式会社設立に必要な印紙を不要にする

株式会社設立をするために必要な手続きの一つが定款の認証手続きです。定款は、「会社の憲法」と言われることもあるくらいで、会社を運営するためのルールを定めたもっとも重要なものです。公証役場で認証の手続きを受ける目的は、法的に問題がないかどうかをチェックするためです。

株式会社には多くの利害関係者が存在します。株式会社設立をするときに、規模が小さければ、株主も取締役も兼ねた人が1人だけいる会社を作ることもできます。しかし、株主と取締役は同じである必要はありませんし、株主や取締役も複数いるのも珍しいことではありません。他にも監査役を付けたり、取締役会を設置したりすることもできます。利害関係者が多いために、ルールを厳格にすることが必要なのです。

このようなことから、株式会社設立をするときには、会社のルールである定款を定めなければならないのですが、それ自身に法的な問題があればルールが意味をなさないでしょう。法的に問題がないかどうかをチェックするために、定款の認証が行われるのです。定款の認証には5万円の手数料を支払うことは必要となってきます。それとは別に、プリントアウトした定款には印紙を4万円分貼らなければなりません。

株式会社設立をするときに、紙の定款を作成すれば4万円分の印紙が必要となるのですが、電子的に作成をすれば必要ありません。電子的に作成された定款とは、つまりPDFデータです。パソコンで作成し、そしてプリンターでプリントアウトするのではなくて、PDFデータとして作成してメディアデバイスに保存し、それを提出する事になるのです。これだけで4万円を安くすることができます。

これだけを考えれば、株式会社設立をするためには電子的に定款を作成しない手はないでしょう。しかしながら、電子定款を作成するためにはコストがかかります。自分で作成するためにはパソコンやソフトウェアが必要となりますが、これらを全てそろえると逆に割高になる事が多いでしょう。これを解決するためには業者を利用するのが良いです。電子定款の作成だけであれば、1万円未満の料金で請け負ってくれる業者もあります。安い業者を利用すれば、例えば4万円分を安くするために、7,000円くらいを支払えば良い場合もあります。電子定款を作成するための機材を最初から持っている人や、あるいは業種としてそれを今後も使うという人でないのなら、業者に依頼するのが現実的な方法です。