メインイメージ

事業初年度の処理

株式会社設立での最初の事業年度での処理

株式会社設立の最初の事業年度では、最初から売り上げが順調にありそれで黒字になる会社もありますが、ほとんどの会社が設備投資などや備品の費用が占有してしまい赤字を出す所がほとんどではないでしょうか。

株式会社設立に当たり最初の事業年度はそう言った赤字を出しても翌年で黒字に転じれば、その赤字を差し引いて利益計上する事が出来ます。

もちろん初年度から黒字の会社は、法人税なども納めなければいけませんが、ほとんどの株式会社設立当初は黒字を見込むのは厳しい状況でしょう。

株式会社設立をしたのならば、確実に法人税などの申告を漏れなく行う為に会計士や税理士を雇い入れたり、経理などで決算経験のある方を雇い決算報告をしっかり出来る様にしなければいけません。速やかに税務の申告が出来れば、無事に株式会社設立してからの流れとしては今後も経営を速やかに行えます。

とにかく株式会社設立に至っては、最初の事業年度からの税務処理をしっかりと行わなければいけません。当然の事ながら事業をスタートして何年か経てば、税務調査などで税務署の方がチェックに来る事もあります。その時に間違った処理などあれば、修正申告を行わなければいけません。

導入時の決算処理をしっかりと行えていれば、後はこれまでの流れに従って決算処理を行う事で法人税などの計算もスムーズに行う事が出来ます。税理士や会計士に初めのうちだけ依頼してなれたら経理の方一人で申告するなどの手立てを考えるのも良いかもしれません。

最初の事業年度を上手く乗り切り会社設立後の流れをつかめれば、大変な事も同じ事の繰り返しの様な作業となります。知識があれば税務的な免税や控除を受ける事が出来る税制があったりしますし、知らない状況で事業年度が過ぎて行けば適用で来た控除も適用出来ない状況にもなります。しっかりとした知識を得る事で、税務の考え方を利用して節税対策を講じる事が出来ます。

毎年変わる税制に対してしっかりと対応する為には、セミナーなどに参加をする事も考慮した方が良いかもしれません。知識がしっかりとあれば使える税制をフルに利用して有利な株式会社設立後の経営を支える事となります。会社経営は、トップの考え方一つで会社の状況も変わって行きます。その中でしっかりと経理的な立場からも支えていく為にアドバイスを送れる事が望まれます。

経営を支える為には、しっかりとした経理的な考え方を頭に入れて会社運営に取り組まなければいけません。