メインイメージ

株式会社設立に必要な新たな費用形態と価格

株式会社設立に必要な新たな費用形態と価格

株式会社設立においては、最低価格となる資本金を用意し、役員も最低の人員を集めなければならないなど、一定の条件を満たさなければなりませんでした。 しかし、新たな法律の施行により、資本金が1円でも株式会社設立ができるようになり、取締役の人数も一人のみで株式会社設立ができるようになりました。そのため、従来よりも会社の立ち上げが容易になり、会社設立の費用を大幅に抑え株式会社設立ができるようになったのです。

これは従来の株式会社設立に関する法律を省き、簡略化したものが新たに施行された法律です。
この新たな法律では、資本金が一円という費用で、取締役が一人だけでも株式会社の設立が可能になったという点に加え、株式会社設立の手続が簡略化され、設立までの期間も大幅に短縮されました。それゆえに、新規での株式会社の設立が容易になったのです。

この法律の施行によるメリットには、各金融機関からの事業資金の融資を受けやすくなり、信用度が増すなどの利点が生まれます。また、企業として収入が大きく増えることで、税制面で有利になり、万が一赤字になった場合は、一定期間までこの赤字を繰り越すことができるというメリットもあるのです。これらの理由から、従来よりも有利な条件で会社設立と企業運営ができるようになったのです。  

更に、会社設立のメリットとしてあげられる点には、資本金の低さという点がありますが、株式会社ということで個人ではなくなることから、組織としての信用度がつき、社会的にも体裁がよくなります。
そして、経費の面では、一定の売り上げが見込める場合は、税金対策として会社にする方が有利になります。そのため、節税を考え会社組織か個人かで計算してみると、組織の方が税制が優遇される事が多くなります。
さらに、この会社運営の分野の税理士さんに相談して税制面について検討してもらうことで、大幅な節税が見込めることがあるのです。

加えて、会社設立の利点として大きなポイントには、資金調達が容易になるという点があります。一般的には、会社を設立する際には、金融機関からの高額な資金の調達が必要になり、設備投資や運営資金など、金融機関からの融資に頼る事が多くなります。
そのため、経営の立場からすれば、資金調達という点は新規の会社立ち上げで非常に大きな問題となるのです。
しかし、株式会社設立を行う事で、金融機関からの信用度は飛躍的に上昇し、事業資金の融資も受けやすくなります。