メインイメージ

株式会社設立の費用

株式会社設立に負担する最低費用はこのくらいです

起業する方が増え、株式会社設立が増えれば雇用が増え経済的にも良い影響がでるといえますので増えてほしいものです。

最初に起業するのは簡単なのですが起業する方は将来、株式会社設立を考えている方が多いはずです。実際に負担しなくてはならない費用は定款に貼る収入印紙代が4万円ただし電子定款の場合は不要です。次に定款の認証手数料が5万円、定款の謄本手数料が約2000円と登記の際の登録免許税が15万円がかかります。

登録免許税は資本金額に0.7パーセントかけた計算になります。少しでも負担を軽くする方法があります。
会社設立の代行業者に頼む方法です。株式会社設立費用のうち定款に張る収入印紙代ですが電子定款にすると4万円が不要になるのですが素人がこの電子定款をつくるには専用の機器を購入するなどの費用がかかってしまいます。代行業者はどこでも専用の機器をもっているのでまかせるのが良いでしょう。設立代行業者は一万円程度の少額で代行作業を行ってくれますので全部を自分でおこなって時間や費用の負担をかけるよりも代行業者を利用するほうが得です。その他には資本金ということがでてきますが会社を設立するのに1円からでも可能になっていますが後々のことを考えるとあまり良いとはいえません。株式会社設立をするための平均資本金は300万円ですが平均がそうだからといって簡単に考えずに資本金額はしっかりと考える必要があります。

資本金を考えるポイントとしてあげられるのは、初期費用とその後3か月分の運転資金、取引先や仕入れ先の企業規模を考えること、消費税免税期間の把握、創業融資の把握などの4つを考慮してしっかり資本金を決めることが大切です。そして、株式会社設立にはその他には事務所の契約、印鑑、パソコンや事務用品など実際の業務や仕事にかかるものがります。
これは起業する方が事務所を別で借りるか否かや事務用品などの必要なものがどこまでいるかによって変わってきますが統計では150万円は考えておくとが良いでしょう。

したがって起業資金としては500万円くらいと考える方が最も多いのです。そして、注意は資本金とは原則として会社の経費としてしか使えないお金ですので生活費のことも頭に入れておかなくてはなりません。そういった場合には資本金を少なめにして運転資金が足りなくなったばあいに生活費から資本を貸し付けるという形をとっておいたほうが良いでしょう。